美容師は、今の時代最もイケてる職業だといえます。

まず、美容師の仕事には男女差がありません。
男性であろうと女性であろうと、才能と技術がある人であれば、
性別にかかわらずお客様に選ばれて、指名率の高い有名美容師になることができます。

完全に実力主義の仕事ですから、お客様の支持を集めれば、
若くても高収入を得たり、自分の店を持つことも可能なのです。

同世代のサラリーマンに比べると、はるかに恵まれた条件だといえるでしょう。
大抵のサラリーマンは、20代のうちは下積みの仕事ばかりで、責任ある仕事はほとんど任せてもらえません。

また、上司に気に入ってもらえないと、その後の出世にも大きく影響します。
同じ仕事をしていても、男女によって昇進のスピードが違う会社も少なくありません。

しかし、美容師は実力次第で先輩を上回る収入も得られますし、
男女の違いによって仕事の差がつくこともありません。

頑張れば頑張っただけ、努力が報われる仕事なのです。
また、国家資格を持っているので、仕事に困ることもないのが強みです。

手に職があり、高収入が得られる仕事は、今の世の中では一番イケてる仕事なのです。
学生時代の同窓会などで他の職業についている人達と話をすると、
大抵の人は美容師の仕事を羨ましがります。

人を美しく、幸せにする仕事をして、お客様に喜ばれて、
しかも高い収入を得られて独立開業することも可能なので、
イケてる美容師は理想の職業ともいえるのです。

美容師はお客様に喜ばれる職業でもありますが、
他にも人を美しくするといえば脱毛サロンがあります。
岩手の脱毛を参考にしてみてください。

美容師の年収

| コメント(0) | トラックバック(0)

美容師の年収は平均して、280万円と言われています。

平均月収を見てみても、23万円ということで、決して高い方ではありませんが、
手に職を付けているということで、産後や病気などで休職しても直ぐに再復帰できるというメリットがあります。

美容師の年収というものは、最初は低く、その後段々と上がっていくケースが多いです。
そのため、新米の美容師の年収はかなり低いと言えます。

もちろん、美容師の形態によっても様々ですし、店舗によっても違います。
しかし、年収というものは、勤務日数と共に増えていくのが常識であり、
美容師の世界でも同じような年収体形をしていると言えます。

ただ、その差が愕然と大きいというケースが多いのも美容師の世界です。
基本的には髪を切ってお客さんと喋るのが好きな方や、お洒落に興味がある方など、
美容に興味を持っている人でなければ長続きしない職業でもあります。

それは自分で開業しない限り、莫大な成功はないからです。

その一方で、退職しても直ぐに転職できるというメリットから、
美容師の年収をあまり気にしないで勤務する人がいるのも確かです。

平均的なものが全てではなく、お店や、その他経験や勤務日数などによって、給料は変わってきますが、
美容の世界では、まずはその職が好きかどうかで決めるのが大前提です。

決して派手に儲かる分野ではありませんが、
地道にコツコツやっていける分野ではあります。

日々、同じ人に髪を切ってもらう内に恋をしてしまう。
そんな風に、美容師に恋をしてしまうということもあるのではないでしょうか。

美容師というものは、お洒落に気を使っている人が多く、
かっこいい人もいれば、かなりの美人さんもいます。

lady.jpg

そうした人たちに恋をしてしまうということは何不思議なことではありません。

しかし、どうすれば成功をすることができるのでしょうか。

それはまずはその美容師さんに髪を切ってもらって、
接点を増やさなければいけません。

最低でも一か月に一回はその人に髪を切ってもらう必要があるでしょう。
そうした中で接点を増やし、徐々に仲良くなっていき、いいムードになったら、
「よかったらどうぞ」とLINEなりメールアドレスなりを渡してみてください。

まずは接点を増やして、「いい関係」を作っていくということが恋愛に成功する秘訣です。

美容師の方もお客との出会いというものを非常に大切に思っていてくれます。
嫌なお客にならなければ、多くは良い客だと思って接してくれ、
好意を持たれているとわかったら嫌になる人などまずいません。

また、男と女の比率がお店によってばらつきがあるため、
そうした中で上手く出会いがないという美容師さんもいます。

そうした機会を恋愛の成功に活かすという手もあります。

やはりどんなに仲良くなっても美容師さんに彼氏彼女がいればどうしようもありません。

美容師の恋愛に成功する秘訣は努力と運ですね。

あ、あと忘れてほしくないことが、
見た目、ファッション自分自身に気をつかうことです。

ミュゼ熊谷店一覧でもみて自分磨きに精をだしましょう!(笑)

美容のスペシャリストであり、美容に関する唯一の国家資格である美容師資格は、
美容専門学校に2年間通って美容に関する知識や技術を身につけて卒業した後、
美容師国家試験に合格することで取得出来ます。

美容師は美容院でのヘアカットやパーマだけでなく、メイクやネイルアート、着付けなど、
美容に関する様々な仕事を受け持つことが出来ます。

美容専門学校に入学出来る年齢に上限はなく、
高校を卒業した人であれば年齢に関係なく美容に関する知識や技術を学ぶことが出来ます。

美容師は中卒の人でもなれるため、
学校によっては中卒でも入れるところがあります。

こうして見ると、一見年齢が高い人でも美容師で生計が立てられそうなイメージがあります。
確かに美容の仕事に就業可能年齢は定められていません。

しかし、実際のところは美容の世界で長きにわたって生計を立てていける人はごく一握りなのが現実です。
たとえ美容院などで就業可能な知識と技術があったとしても、日本の美容院の数は約22万件にのぼるため、
激しい顧客の奪い合いについていけず、廃業していく人も少なくないのが現実です。

美容師に就業可能年齢の上限はないものの、
経済的な理由によって30から40歳手前で廃業する、
独立して自分の店を持つ、あるいは長く勤めてきた美容院の店長になる、
これらいずれかの選択を迫られることになります。

特に、家族を支えていく役割を担う男性にとって、
経済的な問題は死活問題であり、40歳手前で廃業するか独立開業するかのどちらかを選択する必要性が生じます。

美容師のお仕事

| コメント(0) | トラックバック(0)

美容師の仕事内容は、主に美容院で髪のカットやパーマ、セット、シャンプーブロー、カラーなどで、
お客様の希望に合ったヘアスタイルを作っていきます。

お客様によって髪の量や質などはさまざまですから、
それらを的確に見極め、その中でできるだけお客様の要望を満たせるよう工夫するのが美容師の腕の見せ所です。

新人美容師の仕事内容はシャンプーやブローの仕上げなどに始まりますが、
これらも実は熟練を要する仕事であなどることはできません。
お客様が気持ち良いと感じるシャンプーを覚えるにはかなりの練習が必要です。

カットは全体にバランスが良く、スタイリングしやすいように行ってくれます。

ちなみに髪が濡れた状態で行いますが、
乾かしたときにはバランスが変わってきますからそれをイメージしながら行います。

パーマも最近はデジタルパーマやストレートパーマなどいろいろな種類があり、
くせ毛に対し、施術した部分は半永久的にストレートになる縮毛矯正を行うこともあります。

カラーリングも人気のメニューで、専門のカラーリストを置いているところもあります。

サロンによっては成人式などの着物の着付けが仕事内容に入ってくることもあり、
髪のセットまでトータルで行います。

美容業界に携わっているということは、このようにヘアに関することだけではなく、
着付けはもちろん、最近ではメイクやネイル、まつ毛エクステやヘッドスパなども対象となり、
多様なメニューを取りいれている店舗が増加してきました
ただ、エステ関連になると、医療行為ともなりますので、美容師にはできない施術となります。
信頼できるサロンを選ぶことが大切です。→「脱毛サロン満足度ランキングIN札幌」

また、ネイルに関しては専門のネイリストなどを置いているサロンもありますので
このように多くの美容関連技術を身につけておけば美容師の仕事の幅は広がります。

美容師は業務として髭剃りができない、ということをご存知でしたか?

hige.jpg

髭剃りと髪のカットをしてもらうところ、というと、
赤と青のサインポールがくるくるとらせん状に回っている床屋さん(理容院)というイメージがありますが、
実は美容師と理容師は国の法律で明確な違いがあり、その業務範囲も異なるのです。

その代表的な例が髭剃りといえるでしょう。

身なりを整えるために髭やうぶ毛剃り、
髪のカットを行う理容師という文化や職業はアメリカから伝わりました。

日本における歴史は美容師より理容師の方が若干古く、
昭和22年に「理容師法」が制定され、理容業務のためにカミソリやハサミの使用が許可されています。

ですので、メニューに「髭剃り」や「顔のうぶ毛剃り」などを掲げることができるのです。

一方、美容師法は昭和32年に制定され、パーマネントやヘアカラー、
髪結い、化粧などの「容姿を美しくすること」が業務と定められています。

髪結いを業務の基本とするため、法律上カミソリを使っての業務はできないのです。

しかし、理容師と美容師の間に技術的な差異はありませんし、
どちらも技術を習得するのに修練が必要な職業であることに変わりはありません。

理容師と美容師の資格を統合しようという動きも一部見受けられますが、
今の段階では美容師が髭剃りを行うことはできない、という状況なのです。

それぞれの違いを良く知り、理解したうえで上手に理容院や美容室を利用したいものですよね。